治療中の虫歯を治す

洗浄が大事

マウスピース治療をする際に気を付けたいのが、洗浄。歯の手入れも重要ですが、マウスピース本体に汚れが溜まると装着した時に歯についてしまうため、虫歯のリスクが上がってしまいます。

虫歯が見つかったら

口元
開始前に治す マウスピース矯正の治療に入る前に必ず行なうのが歯科治療です。虫歯がある状態で矯正すると装置のせいで手入れ不足になり、虫歯ができやすくなります。それを防ぐために治療を開始する時は口腔内をチェックし、虫歯の有無と治療をしていきます。
治療中になった場合 取り外しができるマウスピース矯正は、ワイヤーで固定しないので普通通りに手入れすれば問題ありませんが、ワイヤーを使う治療なら矯正治療中虫歯になる可能性は十分あります。また、歯と歯の間の虫歯が動かした事で発見されるケースも多く、矯正中は率先して治療を行なうのが一般的です。
予防に努める 歯の矯正中はどうしても汚れが溜まりやすく虫歯以外のリスクも伴います。口の中がネバネバし、不快感を覚える事がありますが、予防歯科に強い歯科医院で装置の隅々まで掃除をしてもらえばお口全体がすっきりします。
定期健診の目安は3.4か月 歯科医院で違いますが、矯正中も兼ねて予防歯科を行なうところだと3.4か月を目安に受診するよう呼び掛けています。特にマウスピース矯正中は唾液の分泌が少なくなる時間帯に行なうため、フッ素塗布や手入れの仕方を歯科衛生士から学ぶ必要があります。
被せものがある人は要注意 詰め物や被せものを治療した後は、隙間がないくらい密着状態にありますが、食べ物を砕いたりつぶしたりする行為で徐々に隙間が生まれます。しかし、そこに虫歯菌が侵入し、症状を悪化させてしまうのです。詰め物や被せものがきちんと機能しているかを矯正治療の前にチェックすれば進行せずに済みます。
広告募集中