治療を開始するタイミング|マウスピース効果で欠点のない綺麗な歯並び!眩しい笑顔に周りも驚愕

早ければ早い方がいい

治療を開始するタイミング

口

骨格の治療が中心

永久歯が綺麗に生え変わるためのお手伝いとして、6歳から小中学生までマウスピース矯正を行ない上下の顎のバランスを考えながら大きさを調整していきます。成長過程において歯並びの乱れを防ぐのが狙いです。

次の治療へのステップ

小学校の入学してから高学年になるまで矯正治療は大人と同じように進めていきますが、最初の時点で顎のバランスが整っていますから費用も安く、期間もかかりません。そういった意味では大人になってからではなく子供のうちからマウスピース矯正した方がお得で効果的だといえるでしょう。

中学生以降の矯正

この時期になると顎もしっかりしてくるので歯を動かすのに時間がかかります。また、必要に応じて抜糸が必要なので精神的苦痛を感じる子供が多いのも事実です。子供が受けられるマウスピース矯正もあるので相談をしましょう。

大人になってからでも遅くない

子供中心で語ってきましたが、歯科矯正は大人になってからでも遅くはありません。ようは早く終わらせるかそうでないかに分かれるだけなので、将来自分が稼いだお金で好きなように歯を治したいならそれもありでしょう。

広告募集中