早ければ早い方がいい

治療を開始するタイミング

口

骨格の治療が中心

永久歯が綺麗に生え変わるためのお手伝いとして、6歳から小中学生までマウスピース矯正を行ない上下の顎のバランスを考えながら大きさを調整していきます。成長過程において歯並びの乱れを防ぐのが狙いです。

次の治療へのステップ

小学校の入学してから高学年になるまで矯正治療は大人と同じように進めていきますが、最初の時点で顎のバランスが整っていますから費用も安く、期間もかかりません。そういった意味では大人になってからではなく子供のうちからマウスピース矯正した方がお得で効果的だといえるでしょう。

中学生以降の矯正

この時期になると顎もしっかりしてくるので歯を動かすのに時間がかかります。また、必要に応じて抜糸が必要なので精神的苦痛を感じる子供が多いのも事実です。子供が受けられるマウスピース矯正もあるので相談をしましょう。

大人になってからでも遅くない

子供中心で語ってきましたが、歯科矯正は大人になってからでも遅くはありません。ようは早く終わらせるかそうでないかに分かれるだけなので、将来自分が稼いだお金で好きなように歯を治したいならそれもありでしょう。

口コミでわかる矯正のメリット

医師選びに苦労

今回、子供の歯並びを治す目的で矯正を扱う歯科を何軒かまわることにしました。評判のチェックから何まで大変だったんですけど、歯科選びで重要なのは矯正専門資格を持っているかなんですね。丁度、相談する医師が当てはまったのでマウスピース矯正の事とか治療のメリット・デメリットの話を聞くことができました。ここで治療しようと思います。

歯並びが良くなってる

最初ワイヤーかマウスピースでやるか迷っていたのですが、値段が安いこともありマウスピースを選択したんです。友達も矯正中でその子はワイヤーを使ってました。歯が綺麗になるのをこの目で見てるけど痛そうで食べにくそうで・・・。だから簡単に取り外しができるマウスピース矯正にしたんです。半年を過ぎた頃から歯の隙間がなくなり、並びも綺麗になっています。一年後が楽しみでしょうがありません。

受験中お世話になりました

矯正の痛みを知る者として、受験が迫っているわが子には痛みの少ない矯正治療をさせてやりたいと常々思っておりました。近くの歯科で相談するとマウスピース矯正が良いとの事。検査から治療開始まで医師やスタッフ共々よくしていただき、治療を開始できました。口コミの通り痛みはほぼなく、本人も楽しそうで何よりです。治療に携わっている方々には感謝でいっぱいです。

顔のゆがみが治った

歯並びが悪いせいか顔が右に傾いているのが最大のコンプレックスでした。丁度いきつけの歯科が認定医だったこともあり検査を決行。歯や骨格まで細かく調べてくださり、矯正に踏み切りました。ワイヤーがオススメだけどどうする?といわれたんですが迷わずマウスピースを選択!色々決まりがあるけど歯も並んできたし、ゆがみも解消されてきてます。

検診を怠らない

マウスピースは簡単に取り外しができるのでケアがしやすかったのですが、今通っている歯科は虫歯と汚れをしっかりチェックしてくれるし、治療をしてから一度も虫歯になっていません。もし、虫歯になっても矯正治療と並行してやってくれるから安心です。歯の動きとかも先生が診てくれたので、お掛け様で見違えるほど綺麗な歯並びになりました。

広告募集中